リンク:audiobook.jpトップページに戻る

九年の歳月をかけて完結!「源氏語り五十四帖」解説:三田村雅子 朗読:幸田弘子(会場:彩の国さいたま芸術劇場)

「源氏語り五十四帖」は、「彩の国さいたま芸術劇場」が文化庁芸術拠点形成事業として平成13年より9年がかりで、五十四帖全作品をとりあげて好評を博した公演の貴重な記録です。

難解な古典文学をわかりやすく、身近な出来事のように読み解く三田村雅子先生の解説。そして紫式部の名文を表情豊かに<生きた古典のことば>で伝える幸田弘子さんの朗読。平安時代のロマン溢れる『源氏物語』の世界が、現代にいきいきと蘇る作品となっております。

※特典として、毎回、公演時配布されたオリジナルテキストを進呈いたします。

作品リスト

作品は隔週水曜の正午より配信開始します。

  1. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第一回 桐壺

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 源氏物語の始発の巻である『桐壺』巻。
  2. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第二回 雨夜の品定め

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『帚木』巻より、「雨夜の品定め」は、十七歳となった光源氏が恋の冒険に乗り出そうとするそのきっかけともなった、男たちの女性評論の場面です。宮廷の雨の夜に繰り広げられる男たちの遠慮のない女性こきおろしの評を読みながら、なぜ光源氏の物語の始めに、これほど女性に辛辣な評が書かれるのかを見ていきます。今後の物語の展開にもつながる重要な場面です。
  3. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第三回 空蝉

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『帚木』巻の後半から『空蝉』巻にかけての空蝉の物語です。年取った受領の後妻として暮らしていた、容貌も美しくない空蝉という女が、なぜ光源氏の心をとらえたのか。空蝉の激しいプライドと、光源氏の若さがすれ違う緊迫した場面をお楽しみください。
  4. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第四回 夕顔

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 夕闇の中に白く咲き、明け方には枯れてしまう夕顔の花のはかない印象は、この花の咲く五条の宿の謎の女性との関係を象徴しているようです。光源氏は宿の粗末なようすから、最初は侮って名前もなのらず、覆面で顔を隠したまま通い続けますが、次第に女のやさしい柔らかさに溺れていきます。「なにがし院」への恋の逃避行の果てに、思いもかけぬ結末が訪れます。光源氏若き日の無謀な恋のあやうさとそれゆえの戦きをご堪能ください。
  5. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第五回 若紫

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 有名な光源氏と紫上との出会いを語る巻です。光源氏が北山の僧坊で、藤壺生き写しの少女と出会い、その少女を奪うように強引に我が物にするまでのスリリングな展開は、藤壺との関係の危険な深まりと呼応・同調しています。父の妃藤壺と密通するというただでさえあってはならない関係に、さらに彼女が不義の子を宿すという深刻な事情が付け加わります。少女と光源氏の無垢な信頼関係は、その裏側に、苦悩に満ちた関係を揺影させているからこそ、一層切実に希求されなければならなかったのでしょう。
  6. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第六回 末摘花

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 光源氏は不毛な愛の葛藤に苦しんでいたころ、実はもう一人女性を口説き続けていました。末摘花です。常陸宮の姫君で、当時美人の第一条件とされていた髪が長くて美しい上に、琴という幻の楽器の名手でさえあるというのですから、光源氏が夢中になるのも無理ありません。おまけにライバルの頭中将までこの姫君に夢中のようで、光源氏も負けてはいられません。苦労の挙げ句口説き落とした女性への落胆を鮮やかに語って、光源氏の恋の独り相撲の愚かさを浮かび上がらせる趣向となっています。
  7. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第七回 紅葉賀

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『紅葉賀』巻は光源氏の光り輝く頂点を描きあげた巻です。十八才の光源氏は桐壺帝の父帝の賀を祝って朱雀院で青海波の舞を舞います。その容姿を物語は光るようだ、この世のものとも見えない、ゆゆしく見える、輝くようだと繰り返し最大級の褒めことばで讃えています。物語がこのように光源氏を絶賛するのは、彼が藤壺と犯した密通の結果の皇子がこの巻で誕生することと関係があります。これほど美しい人、この世のものとも思えない人のすることに、世俗の倫理はあてはまらないとつい思ってしまうような、鬼気迫る舞の姿だったのです。源氏物語の中でもっとも華やかで、かつもっとも恐ろしい巻である『紅葉賀』巻の緊迫と昂揚をお楽しみください。
  8. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第八回 花宴

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『花宴』巻は源氏物語の中でもっとも幽艶な巻として知られます。ここには二つの花の宴が描かれます。その一つは桐壺帝主催の桜花の宴、もう一つは右大臣主催の藤花の宴です。退位を決意した桐壺帝主催の桜花の宴で光源氏はまたしても舞を舞って人々を感動させますが、『紅葉賀』の時のような生彩は欠けていました。桐壺帝が退位を決意して、人々が新しい体制に心を向け始めたからです。右大臣主催の藤花の宴はそのような時代の転換を印象づけるものでした。そうした暗い状況の中で、光源氏は東宮に入内が予定されていた右大臣の娘朧月夜との危険な関係に深入りしていきます。
  9. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第九回 葵

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『葵』巻では、桐壺帝は既に退位して、朱雀帝の御世となっています。政治的に不遇をかこつ光源氏は女性たちとの関係も以前のようにうまくゆかなくなります。とりわけ不満を募らせていたのが六条御息所です。誇り高い御息所は軽く扱われることに傷ついていましたが、特に彼女を傷つけたのが光源氏の正妻葵上との車争いでした。葵祭で屈辱的な扱いを受けた御息所は光源氏の子を身籠もった葵上に取りついて離れないもののけとなっていると噂されました。息子夕霧を出産直後の葵上はもののけによって命を落とし、光源氏によって深く追悼されます。哀悼の長い時間が明けた後、光源氏は若紫の少女と密かに結ばれます。
  10. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十回 賢木

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 光源氏をいつも庇護し続けてきてくれた父桐壺院が崩御。自由に権力をふるえるようになった帝の外祖父・右大臣の勢力は、これまでとは逆に、光源氏、左大臣勢力を圧倒し、左大臣は政界を引退してしまいます。やはり弘徽殿大后からいやがらせを受けていた藤壺は桐壺院の一周忌を期に出家してしまい、自暴自棄になった光源氏は、尚侍となった朧月夜との危険な逢瀬に溺れていきます。その密会が発覚し、弘徽殿大后にもその事実が知られると、事態は急速に悪化の途をたどります。
  11. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十一回 須磨(花散里含む)

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 既に光源氏は官位を剥奪され、追放寸前の状況にありました。罪名を付けられて正式の罪人になってしまう前に、事態の進行を食い止めるため、光源氏は須磨に退去し、女性たちも連れず、わびしい隠遁生活を送ることで、謹慎の思いをあらわにしています。琴を弾き、絵を措くことでつれづれを慰めながら、光源氏はひたすら仏道修行に熱中します。翌年春に頭中将が来てくれますが、すぐにも帰っていかなくてはなりません。光源氏の紫上への思いはそうした日々により深いものになっていきます。三月上巳の日、禊ぎをしようということで、海辺に出た光源氏一行は未曾有の大暴風におそわれ、その天候の荒ぶりは何日も続きました。この不吉な嵐の意味は一体なんなのか、不安と怯えの中に『須磨』巻は終わります。
  12. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十二回 明石

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『須磨』巻から続く、嵐の場面の最後のクライマックスで始まります。二週間も続いた嵐の後、落雷で邸も炎上した光源氏が疲労困憊してうたたねをすると、夢に桐壺院があらわれ、光源氏の手を取って立たせてくれたのです。夢のお告げを信じた光源氏が、舟に乗って迎えに来た明石入道の誘いを受け入れて、明石に移った所で、物語は次第に明るい調子を取り戻します。明石入道とともに音楽を合奏し、つれづれを慰めた光源氏は、入道の娘明石君に惹かれ、やがて結婚します。田舎育ちとは思われない教養と奥ゆかしさに感嘆した光源氏が、次第に明石君に心を移していった頃、彼を都に呼び戻す宣旨が下されました。明石君を残して都に戻ることを気にかけながら、光源氏は上京していきます。実は明石君はこの時すでに光源氏の子を妊んでいたのです。
  13. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十三回 澪標

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『澪標』巻は三年ぶりに都に復帰した光源氏の、政治家としての再出発を語ります。実の息子冷泉帝の即位とともに、光源氏は内大臣の地位に付き、政治の実権を握ります。苦境から脱出できた光源氏は住吉大社に盛大なお礼参りをしましたが、たまたまそこに来合わせていた明石君は、かつてとはうってかわった彼の晴れ姿に、境遇の落差を感じ取って黙ってそこを立ち去ります。明石君にも、光源氏の忘れ形見の姫が生まれていたのですが、親子の対面は一体いつのことでしょうか。都では冷泉帝に頭中将の娘が入内し、兵部卿宮の中君も入内を噂されていますが、光源氏はひそかに藤壺と図って六条御息所の娘前斎宮の入内を推し進めようとします。外戚としても地歩を築いていこうとしているのです。
  14. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十四回 蓬生・関屋

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『蓬生』巻は末摘花物語の後日談です。光源氏の須磨流謫の際、忘れられただけでなく、都に帰った後も忘れられたままの末摘花の屋敷は荒廃の度を加え、建物も隔ての築士も崩れています。末摘花の境遇を侮った母方の叔母大弐の北方は、彼女を自分の娘の女房として九州へ連れていこうと画策しますが、成功しません。末摘花が頑なに常陸宮生存時の暮らしを守ろうとしていたからです。父宮の霊の加護を信じてひたすら光源氏を待ち続ける末摘花のもとに、ある夜、ついに光源氏が訪れます。屋敷の木立と藤の花の匂いに惹かれたせいでした。『関屋』巻は空蝉との後日談です。空蝉は夫の常陸介任官に従って常陸国に下向していましたが、光源氏の都復帰の翌年、常陸から帰京して、石山詣でに出かける光源氏一行と逢坂の関で偶然行き合い、互いに感慨に耽ります。
  15. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十五回 絵合

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 『絵合』巻は冷泉帝後宮の寵愛争いを、「絵合わせ」という風雅な催しの形を借りて語る巻です。光源氏はかねてよりの計画通り、藤壺の協力を得て前斎宮を入内させました。当初帝の愛は同じ年頃の弘徽殿女御(頭中将の娘)にあり、年の離れた梅壺女御(前斎宮)には遠慮もあったのですが、やがて彼女に絵の才能のあることがわかると、絵の好きな帝は梅壺に入り浸りとなり、焦った頭中将は娘のもとに新作の絵巻を大量に集め、その魅力で帝を取り戻そうとしたのです。光源氏も負けてはいられず、梅壺のもとに多くの絵巻を集めたので、妃の寵愛争いは、絵巻収集競争の態をなして、ついに一堂に集めてその優劣を決しようとするまでに至りました。まず絵合は藤壺の御前で行われましたが、優劣つけがたく、再度決戦が帝と藤壺の御前で行われ、梅壺方の最後に提出された光源氏の須磨絵日記によって、梅壺の勝ちが決まったのです。
  16. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十六回 松風

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 光源氏は新造の二条東院にかつて関係した不幸な境遇の女性たちを迎え、一括してこれを世話しようとしました。しかし明石君親子はこうした待遇を望まず、大井にあった母方の祖父宮の別荘を改築して、そこに尼君、明石君、姫君の三人が移りました。大井に近い嵯峨御堂建築に言寄せて大井を訪れた光源氏は、姫君のかわいらしさに打たれ、再会を喜びましたが、同時に彼女を幼いうちに紫上のもとに引き取りたいと考えるようになります。
  17. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十七回 薄雲

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 明石君は姫君を手放すことをためらいますが、尼君の説得もあって、ついに、娘の幸せを願って手放すことに。親しくなった乳母との別れさえ心細く、冬の訪れとともに、不安と寂しさが募っていきます。二条院の紫上に引き取られた姫君は最初こそ母を慕って泣いていましたが、やがて、紫上になついていきます。そのころ、流行病の最中に藤壺が亡くなり、光源氏は虚脱感に襲われ、一人で泣き暮らします。
  18. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十八回 朝顔

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 永遠の憧れの人藤壺を喪った後、光源氏はどうにも埋めようのない空洞感を抱えていました。その満たされない思いを埋めたのが、朝顔姫君への執着だったのです。若き日の光源氏はこの従姉妹にひそかに心を寄せていたのですが、姫君の拒絶によって、淡い友情にも似た交渉が続いてきました。父を失って心細い境遇となった姫君に光源氏の思いは募り、紫上の不安は的中します。朝顔に拒絶され、紫上のもとに戻った光源氏は雪の中で彼女と語らい、過去の女性たちとの交渉を振り返るのでした。
  19. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第十九回 少女

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 光源氏の一人息子夕霧が元服し、新しい世代の恋物語が始まります。母葵上亡き後、祖母大宮のもとで育てられた夕霧は、事情があってやはり大宮のもとで育てられていた頭中将の娘雲居雁と元服前から恋仲になっていたのですが、冷泉帝の中宮争いで光源氏方の梅壺女御に敗れた内大臣は、せめてこの残された娘に入内の希望を繋ごうとします。雲居雁がすでに夕霧の恋人となっていたことを女房の噂で知った内大臣は激怒し、二人を引き離し、彼女を自邸に引き取ってしまいます。一方、光源氏は、四季の自然を配し、女君たちを据えた六条院を建て、新たな体制作りに入っていきます。光源氏の方針で大学に入学させられた夕霧は、祖母大宮から引き離され、その六条院で勉学の日々を送ることになるのです。親たちの思惑によって引き離された年若い二人の恋はどうなるのか、第二世代の物語が新しい舞台に始まっていきます。
  20. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第二十回 玉鬘

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. なにがしの院で亡くなってしまった夕顔の遺児、玉鬘が長谷寺参詣の途中で発見される数奇な運命の物語です。夕顔の行方不明の後、玉鬘は夕顔の乳母一家に養われ、やがて乳母の夫の任国である九州に共に下って行きました。その地で乳母の夫が亡くなってしまうと、一家は九州に残ることを主張する者と、都に連れ帰ろうと考える者に分裂し、玉鬘一行はかろうじて土地の実力者の手を逃れ、上京します。しかし、都には何の手づるもなく、内大臣とは連絡がつきません。路頭に迷った一行が必死の願いを込めて行ったのが長谷参詣でした。その途次、玉鬘一行は偶然にも右近と再会します。右近は夕顔の女房で現在は光源氏付きの女房となっていたのです。この美しい姫君は果たして本当の父に会えるのか。その不思議ななりゆきをたどります。
  21. 書影画像

    1. 源氏語り五十四帖 第二十一回 初音・胡蝶

    2. 価格:1,620円(税込)
    3. 新たに玉鬘を加えた六条院は新春の華やぎに満ちていました。光源氏・紫上を中心にした六条院の理想的な体制がスタートします。その中でひそかな不満を噛みしめるのは、近くに住みながら、娘、明石姫君に会うことを許されない明石の御方でした。娘にあてたせめて新春を言祝ぐお手紙くらい書いてくださいという手紙は、親子の仲を引き裂く光源氏体制への抗議でもあったのです。新春の男踏歌も行われ、玉鬘に惹かれた若い男たちのときめきが雪の中に渦巻きます。桜の盛りに、紫上は桜と山吹を折って胡蝶の姿をした童に持たせ、二艘の舟に乗せて隣の秋好中宮のもとに届けさせます。秋好中宮がかつて贈ってくれた美しい紅葉のお返しなのでした。そうした中で玉鬘は次第に六条院になじんでゆき、懸想文も多く集まります。ところが、光源氏自身が玉鬘に夢中になってしまい、二人の仲は緊張をはらんだものとなってゆきます。

オーディオブックの利用方法

オーディオブックは、このサイトから1つずつ購入して、お手持ちのパソコンやスマートフォンにダウンロードして聞くことができます。

ご利用の手順

  1. ①上のリンクからお好きな作品を選んで、ご利用ください。
    価格は、1作品1,620円(税込)です。
  2. ②初めてのご利用の際には、audiobook.jpへの無料会員登録と、決済方法の登録が必要になります。
    (クレジットカードや、au・docomo・ソフトバンクのキャリア決済が使えます)
    ※登録済の方はそのままお進みください。
  3. ③購入が完了すると、「ライブラリ」から音声をダウンロードできます。
    パソコンの方はダウンロードした音声を再生してお楽しみください。
    スマートフォンをお持ちの方はアプリ「audiobook.jp」をインストールし、サイトに登録したのと同じメールアドレス・パスワードを入力すると、ご購入いただいた作品をお聞きいただけます。

ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

プロフィール

解説三田村 雅子
みたむら まさこ(国文学者・フェリス女学院大学名誉教授)

解説:三田村雅子さんの写真画像 ©浅野いずみ 早稲田大学卒業。フェリス女学院大学教授、上智大学教授を経て、現在フェリス女学院大学名誉教授。専攻は物語文学、日記文学。NHK教育テレビ『古典への招待』で、長年にわたり講師をつとめ人気を博す。著書:『枕草子 表現の論理』『源氏物語感覚の論理』(有精堂)、『源氏物語 物語空間を読む』(ちくま新書)、『源氏物語絵巻の謎を読み解く』(三谷邦明との共著・角川選書)、『源氏物語を読み解く』(秋山虔との共著・小学館)。1996年より2005年まで、河添房江・松井健児と共に雑誌『源氏研究』(翰林書房)を刊行。『天皇になれなかった皇子のものがたり』(新潮社・とんぼの本)、『記憶の中の源氏物語』(新潮社)。

朗読幸田 弘子
こうだ ひろこ(女優・舞台朗読家)

朗読:幸田弘子さんの写真画像 ©浅野いずみ NHK東京放送劇団に入り、放送・舞台で活躍。主演した三善晃作曲、音楽詩劇「オンディーヌ」で文部大臣賞、イタリア賞受賞。舞台で古典から現代文学作品までの朗読を続け、1977年から毎年「幸田弘子の会」を開催、樋口一葉作品の連続朗読を始め注目される。舞台朗読という新しい分野を確立した功績に対し、1981年、82年、84年と続けて芸術祭優秀賞を受賞。さらに84年度芸術選奨文部大臣賞、95年毎日芸術賞、96年紫綬褒章など数々の賞に輝き、この公演中にも藤村記念歴程賞、旭日小綬章を受章。日経新聞で聞きたい朗読の一位に選ばれている。著書『朗読の楽しみ』(光文社)

配信予定

配信予定画像

CD-Rでの購入について

「源氏語り五十四帖」の音声はCD-Rでもご購入いただけます。
CD-Rでのご購入は、
1セット2公演(CD-R4枚)3,500円(税抜)+送料+代引き手数料
がかかります。尚、定期購入のお申込みの場合は、代引き手数料無料とさせていただきます。

CD-Rでのご購入については、株式会社ジェー・ピーにて実施しておりますので、お電話にてお問い合わせいただけますと幸いです。

【お問い合わせ】フリーダイヤル 0120-366-004受付時間:午前10時~午後5時(月~金) 年末年始を除く 〒104-0045 東京都中央区築地2-11-26 築地MKビル7F 株式会社ジェー・ピー 「源氏語り五十四帖」CD-R係 行